アクアウェブのウェブ施策における“リアル成果”とは?

  • リアル成果
「リアル成果」とは、お客様の利益の拡大にあたるリアルな成果のことです。アクセスが増えた!売上が増えた!問合せが増えた!いいえ。大事なのはリアル成果です。「リアル成果」とは、お客様の利益の拡大にあたるリアルな成果のことです。アクセスが増えた!売上が増えた!問合せが増えた!いいえ。大事なのはリアル成果です。

私たちは、従来型「指標」に懐疑的なのです。

一般的なウェブマーケティングが目標とする指標の例 お問合せ数 アクセス数 売上 表示回数 検索順位 とある施策会社の営業さん どうですか?こんなに「指標」が反応しています!!!リアル成果主義では、間接的な指標のみで一喜一憂することに、まず懐疑的です 得意げになってるけど、それって本当にお客様のメリットになってるの? アクアウェブ マーケティングプランナー 根本 お客様にとって もっとリアル な 成果 があるんじゃないの?一般的なウェブマーケティングが目標とする指標の例 お問合せ数 アクセス数 売上 表示回数 検索順位 とある施策会社の営業さん どうですか?こんなに「指標」が反応しています!!!得意げになってるけど、それって本当にお客様のメリットになってるの? アクアウェブ マーケティングプランナー 根本 お客様にとって もっとリアル な 成果 があるんじゃないの?

お客様の本音が「リアル成果」。

顧客企業様のご商売や事業により変わりますので、一概には言えませんが、
元来企業が目指すべきもの。その多くは「利益」です。
簡潔に言えば、リアル成果とはお客様の利益、そのものです。

利益とは 経済的成長・組織的成長・社会的成長の糧であったり、社会や組織員達への還元の原資になるものであったり、経営者の方々にとって重要なキーワードであることはご存知の通りです。

では皆様にとってどちらがリアルな成果と言えるでしょうか?

ウェブマーケティング業者が求める指標 検索順位UP 露出が上がれば儲けだってついてきますよ!(のはずです)VS 経営者が求める本音 利益率UP 利益を拡大できれば、会社を大きくできるし、次の仕掛けを仕込む余裕も生まれるなウェブマーケティング業者が求める指標 検索順位UP 露出が上がれば儲けだってついてきますよ!(のはずです)VS 経営者が求める本音 利益率UP 利益を拡大できれば、会社を大きくできるし、次の仕掛けを仕込む余裕も生まれるな

ウェブマーケティング業者と経営者の間には着眼点のズレがあります。
それは「仕方がないこと」として
これまでウェブマーケティング業者とお付き合いされてきたのではないでしょうか?

お客様の「本音の満足」「本当の成功」にリーチするために私たちは「リアル成果」の考え方を唱えます。

「リアル成果」の例

リアル成果ではないものリアル成果サービスサイトお問合せ数お客様が本当に求めているものは?サービス成約数 物販サイト販売売上お客様が本当に求めているものは?利益拡大 採用サイトエントリ数お客様が本当に求めているものは?人材採用数・定着率 リーチしている指標がお客様の直接の利益ではない、間接的な指標。一般的にはこの部分のみにコミットするウェブマーケティングが大多数です。 リアルな成果と呼べるものは、お客様が本来得たいとお考えの利益そのものですリアル成果ではないものリアル成果 サービスサイトにおけるお問合せ数 サービスサイトにおけるサービス成約数 物販サイトにおける 販売売上 求めているものは?お客様が本当に 物販サイトにおける 利益拡大 採用サイトにおけるエントリ数 採用サイトにおける人材採用数・定着率

一般的にはリーチしている指標がお客様の直接の利益ではない間接的な指標。この部分のみにコミットするウェブマーケティングが大多数です。リアルな成果と呼べるものは、お客様が本来得たいとお考えの利益そのものです。

従来よく聞かれる「成果」という言葉に疑問を感じ、よりお客様目線の考え方として、利益やメリットそのものなどを 指標として考えるのが「リアル成果」なのです。

ところで・・・

「リアル成果」という言葉は当社、株式会社アクアウェブが勝手に作った用語であり、当社のサービス特長をお客様と共有させていただくための「合い言葉」的なものです。決して、ウェブ業界やマーケティング業界におけるプロの好む専門用語の類いではございませんので、もしも、ご自身で「リアル成果」という言葉をお使いになれるときは、相手様に「なにそれ?聞いたことないよ」と言われてしまう可能性について予めご注意ください!

リアル成果指向のウェブマーケティング

まず目標となる「リアル成果」を明らかにし、
お客様と共有させていただくところからはじまります。

  • お客様からのオーダー「こんな感じのお願い!」 お客様のオーダーこんな感じの
    お願い!
  • アクアウェブの視点「お客様にとっての具体的なメリットは?」 アクアウェブの視点お客様にとっての
    具体的なメリットは?

ありがたいことに、お客様から「サイトを作ってください。」というオーダーをいただいたと仮定します。しかし残念ながら、この段階ではアクアウェブはお仕事を請け負えません。最初にお客様とお話させていただきたいのは「お客様が本音で求める成果」、すなわち「リアル成果」という目標の定義についてです。

このケースでの「サイトを作ってください。」というお客様のオーダーでは手段に関心が偏っている可能性を想定します。目的が明確でないと望む結果は望めず、コストやリソースの無駄に繋がります。よくあるこの取り違えをアクアウェブは看過せず、あくまでお客様にとっての「リアル成果」が何か?ということをまずお客様と一緒に明らかにします。そして「リアル成果」の追求こそ私たちの行うウェブマーケティングの最大の目標・目的です。

まず、顧客企業様ごとの“リアル成果”を定義「リアル成果の達成」「達成の効率化」を、全行程の思想・思考・行動の評価基準に 戦略構築 ツール展開・運用検証・改善 契約継続のご判断まず、顧客企業様ごとの“リアル成果”を定義「リアル成果の達成」「達成の効率化」を、全行程の思想・思考・行動の評価基準に 戦略構築 ツール展開・運用検証・改善 契約継続のご判断

「お客様のリアル成果につながるか?」という評価は、全行程における思想・思考・行動の際の評価基準として、当社スタッフとお客様とで共有を徹底します。目的となるお客様固有の“リアル成果”が定義できたら、これを根拠に戦略構築を行います。
ツールは、用途・目的ごとに様々なものがありますので、構築された戦略に基づいて最適なものを選定します。そして運用後は常にツールの働き具合を監視。検証・改善を適宜行いつつ、リアル成果達成におけるより高いパフォーマンスを生み出せる形にツールをブラッシュアップしていきます。

戦略構築 ツール運用・展開 検証・改善 リソースの流入 チャンネル リアル成果リーチへの精度アップ リアル成果戦略構築 ツール運用・展開 検証・改善 リソースの流入 チャンネル リアル成果リーチへの精度アップ リアル成果

リアル成果指向のウェブマーケティング

“リアル成果”指向のウェブマーケティングを実現する体制

Promotion Contents Marketing consultingPromotion Contents Marketing consulting

お客様の「リアル成果」を実現するための体制

施策全体はもちろんのこと、広い視野をもってプロジェクトにあたり、お客様に本当の「リアル成果」を獲得していただけるようにコンサルティングさせていただく事業をアクアウェブでは基幹の事業とさせていただいております。

戦略プロモーション事業部Promotion

幅広い集客施策を取り扱い

「リアル成果」達成のため、あらゆる角度・視点からお客様に最適な集客チャネルを選択し運用を行う事業部です。アクアウェブでは、集客チャネルの「質」を精査し、広告費予算をより効果的に活用できる集客を行います。

戦略企画コンテンツ事業部Contents

ふさわしい表現の開発

実際にユーザーの目に触れるコンテンツを設計・制作する事業部です。コンテンツに触れたユーザーに生じる直感的印象や論理的思考に配慮し、集めたトラフィックを「リアル成果」に結びつけるコンテンツを構築します。

マーケティング事業部Marketing

次の戦術への布石市場解析

市場調査やサイト解析など、大局から局所までの様々なレベルのフォーカスをもって企画立案を行う事業部です。マーケティング事業部で構築される戦略は「リアル成果」達成への根拠として、コンテンツ、チャネルなどの全事業部での戦術へ落とし込まれます。