アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第118回:【YDN】インフィード広告が始まりました!

なるマガ!
Vol.118 15/5/1

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
季節の変わり目は三寒四温といいますが、さすがに今年の天気はおかしい気がします。

晴れの日が少なく、気分も落ち込みがちですので
今日はテンション高めでお送りしたいと思います。

申し遅れましたが、お初にお目にかかります村岡と申します。
マイブームは美味しいものを食べ歩くことです。
どうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------
SEOの入電件数がわかる!
SEMの入電件数がわかる!

ホントの費用対効果がわかる!!
入電の “時間帯や曜日” がわかる!!!

アクアウェブの電話効果測定サービスはコチラ!
http://www.fruity-web.net/lpo2/index.html?naru20150402
まずは、ご相談だけでも どうぞ!
----------------------------------------------------------------

■突然ですが皆様、Yahoo!のトップページって使ってますか?

…正直、私はGoogleばっかり使ってます。

そんなYahoo!ですが、意外にもユーザー数多いことをご存じでしょうか。
特にスマートフォンからのアクセスが増えていて月間アクティブユーザー数が約2900万、
スマートフォンからのデイリーユニークブラウザ数は約4200万となっています。
(2014年度第3四半期 決算説明会資料より)

ちなみに、
・Facebookの月間アクティブユーザー数は約2100万人、
 デイリーモバイルユーザー数が約1300万人。

・LINEのデイリーアクティブユーザー数は約3000万人。
 (LINE2014年4-9月期 媒体資料より)

となっておりますので、
その規模の大きさがお分かりいただけると思います。

■スマホ版Yahoo!のトップページがタイムライン型に!

さて、そんなYahoo!がこの春、スマホ版のトップページを
大規模リニューアルし、タイムライン型に変更される事になりました。
(既に新しいデザインのトップページに切り替えた方もいらっしゃるのでは?)

タイムライン型とは、簡単に言えばFacebookやTwitterのような形式です。
物理的に限られた画面を最大限に活用し、スクロールを促進することで
取得できる情報量の多い構成となっています。

そして、このトップページの変更に伴い
新たに導入されたのが「【YDN】インフィード広告」です。

■そもそもインフィード広告とは?

コンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことで、
Facebookやブログなど、主に上から下に読み進めるアプリやサイトで
使われることが多くなっています。

ニュースアプリ等で記事と記事の間に表示されている、あの広告です!

他メディア(Gunosy、Antenna等)でのインフィード広告は、
基本的に純広告の形をとっているため、
広告を掲載するには最低でも数十万はかかってしまいます。

しかし、【YDN】インフィード広告なら通常の【YDN】での広告掲載と同じく、
クリック課金型で、ご予算に合わせた出稿が可能となっています!

Yahoo!公式ラーニングポータルによると、
“サイトカテゴリー、プレイスメントターゲティング以外のターゲティングは全て利用可能”との事です。

つまり、サイトリターゲティングはもちろん
性別・年齢・デバイス・カテゴリ・サーチワードターゲティングなどが選択できる事になります。
ここまで明確なターゲティングでインフィード広告を配信できるシステムは
他に無いのではないでしょうか。

■増えるインフィード広告、今後の動向は!?

最近インフィード広告をはじめ、いわゆる広告らしくない広告である
「ネイティブ広告」を見かける事が多くなったなぁ…
と感じている方、多いと思います。

私自身も、広告だとは思わずにクリックしてしまい
リンク先でがっかりした経験があります。
つまり内容が薄かったり、広告タイトルとあまりにかけ離れている場合、
すぐにユーザーは離脱してしまいます。

その反面、良い商品や良いサービスを知るきっかけになる場合もあります。

ユーザーに離脱されず、商品やサービスを認知してもらうためには、
リスティングやディスプレイ広告以上にランディングページの工夫が必要になると考えています。

具体的には、
・ユーザーに読んでもらえるよう記事のような書き方にする
・ユーザーの共感を得られるような内容で離脱を防ぐ 等々…

今までの広告にも当てはまることですが、
よりユーザー視点での制作が求められる時代になっていくのではないでしょうか。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。
少しでもお役に立てたなら幸いです。

明日からの大型連休で、
お出かけになられる方も多いのではないでしょうか。
どうぞお気をつけていってらっしゃいませ!

ではでは、次回のなるマガもどうぞお楽しみに!

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:15/5/1