アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第102回:Googleアナリティクス の 待ちに待った “ページ解析レポート” の機能改善!

なるマガ!
Vol.102 12/11/30

一昨日、こんな新聞記事を目にしました。

ワンちゃんの体調管理をクラウド化。その名も “わんダント”!

富士通、ワンちゃん用の歩数計を開発。
ワンちゃんの首輪に装着して歩数や震え、
温度の変化などを計測してクラウド上にデータを蓄積するとのこと。

重さ 約16g
価格 9,800円/1年 つまり 900円/1ヶ月

いやぁ~、スゴイ時代になってまいりました~

近所をフラフラっと出歩きますと ワンちゃんの散歩を目にすることがありますが、
素敵な リード紐とともに 素敵な お洋服を着られ、夜になると 首周りが光っていたりします!

なんとも大事に育てられていることを目の当たりにしておりましたが
ついには 体調管理のクラウド化 です!

そう、
クラウド化して ワンちゃんの日々の体調を データ化 & グラフ化 するというわけです。

しかも そんなデータを スマートフォンから
いつでも どこでも 見れちゃうのですから スゴイですよね~


いつか 我が子供の体調管理も クラウド化されるんじゃないかって想像いたしますが、
もう 映画の世界のようです。


旦那の 体調管理のクラウド化! ・・・ 残念ながら ・・・
永遠になさそうな気がします ...


請求書もクラウド化! @ゆるゆる執行役 松井でございます!
本日も最後まで どうぞ宜しくお願いいたします!


----------------------------------------------------------------
入電の件数をクラウド化!
会社へのお問い合せ入電 
→ 入電件数、話中件数、通話時間、曜日、時間帯 全てクラウドでデータ蓄積!

入電の効果測定で “媒体効果” の 体・調・管・理!

アクアウェブの “フリーダイヤル + 電話効果測定” サービスは コ・チ・ラ!
http://www.fruity-web.net/lpo2/index.html?naru20121129
まずは、ご相談だけでも どうぞ!
----------------------------------------------------------------


ホームページの体調管理は もう既にクラウド化されております!


それは 例えば、アクセスログ解析ツールの一つである Googleアナリティクス です。


11月14日、Googleアナリティクスの公式ブログで 新たな機能の改善がアナウンスされました。
記事はコチラ >>> http://analytics-ja.blogspot.jp/


この機能改善のアナウンスは とても有意義な内容ですっ!

Googleアナリティクスの コンテンツメニュー にある
“ページ解析” というレポートの改善となります。


今までの機能における大きな問題点として、
ページにあるテキストリンクやボタンリンクやバナー等 かつ
それらのリンクが同一リンク先URLである場合、
「同一リンク先URLであるがゆえに」 リンクの クリック数
及び クリック率 が全て同じ数字で表示されておりました。

つまり、
例えば、ヘッダーとフッダーで 同一リンク先URLのボタンリンクがあるとすれば、
ヘッダーとフッダーの クリック数 と クリック率 が
同じ数字でまとめられるというものでした。

そのため、
非常に良いレポートなのになぁ と思いつつ、
“ページ解析” を使用することはありませんでした。


しかし、
そんな問題点が改善されたのです!


上記の問題を含めて 以下の3つが改善されるそうです。

1、“複数のリンク箇所 かつ 同じ飛び先URL” の個々のクリック数を振り分けて表示
2、リンクにリダイレクトがあってもクリック数を表示
3、JavaScriptで書かれたナビゲーションもクリック数を表示


1、複数のリンク箇所 かつ 同じ飛び先URL の個々のクリック数を振り分けて表示

先に上述しましたように、
例えば、ヘッダーとフッダーに存在する同リンクの計測が別々になされるということです。

よって、
複数ある同一リンク先へのクリック効果を
テキストやバナーの設置箇所によって把握することが可能になります!


2、リンクにリダイレクトがあってもクリック数を表示

例えば、検索窓にキーワードを入力して検索した回数となる
“検索ボタンの計測” ができるようです。

よって、
ホームページにある検索機能を ホームページの訪問数に対して
どれだけの割合の人が使用しているか 把握できるようになります!


3、JavaScriptで書かれたナビゲーションもクリック数を表示

例えば、都道府県や路線を選んだり、言語を選んだり、といった
“リスト選択のプルダウンの計測” ができるようです。


リダイレクトのクリック計測 や JavaScriptで書かれたナビゲーションのクリック計測 までできるとは
素晴らしいーですっ!


ところで ・・・
上記3つの改善点をレポートへ反映させるためには “管理画面の設定 と タグのカスタマイズ” が必要になります。


A、管理画面の設定

Googleアナリティクスへログインしてプロパティ設定の画面へ遷移しますと、
「強化されたリンク アトリビューション分析を使用する」 という項目があるので、
ラジオボックスにチェックして完了です。


B、タグのカスタマイズ

Googleアナリティクスの非同期バージョンのタグへ 以下3行の記述を追加挿入します。

var pluginUrl =
'//www.google-analytics.com/plugins/ga/inpage_linkid.js';
_gaq.push(['_require', 'inpage_linkid', pluginUrl]);

挿入方法は 以下のヘルプのリンクをご覧下さい。
※ 赤文字となった記述が 挿入箇所 となります。
ヘルプのリンク >>> https://support.google.com/analytics/bin/answer.py?hl=ja&utm_id=ad&answer=2558867
管理画面の設定 と タグのカスタマイズ を実施しますと ・・・

今後は 有意義なデータの取得ができ、
視覚的にページにある どのテキストが どのボタンが どの箇所が クリックされているかを把握することができますっ!

恐らく、
ページ解析レポートで視覚的に捉えられるようになると
今まで以上に 「改善や施策」 が捗るのではないかと思うところです。


また、
ページ解析レポートの機能改善が実施されたことで、
より一層、Googleアナリティクスを使用する価値が高まり また 使用する理由付けにもなります。

今までの経験上、
コンサルティングをやっている弊社としても
クライアント様や見込客様へ この機能を見せるだけで
Googleアナリティクスを導入する理由付けになることは間違いありません。


そういったところからも
アクセスログ解析ツールにおけるGoogleアナリティクスの デファクトスタンダード は
もう 間違いないといえるかもしれません。


ところで、
間接効果測定機能である
マルチチャネルのコンバージョン経路いついても
次期 クッキー期間が 現状の30日から 90日へ変更となる予定だというので あわせて歓迎したいです!


また、ユーザー単位の解析もできるとか ・・・


2012年、Googleアナリティクスは大きく進化しましたが、2013年も 引き続き 進化のスピードは落ちそうにございません。

今後も ますます 楽しみです!


あっ、わたくし、Googleアナリティクスの営業では ございませんからね。

----------------------------------------------------------------
入電の件数をクラウド化!
会社へのお問い合せ入電 → 入電件数、話中件数、通話時間、曜日、時間帯 全てクラウドでデータ蓄積!

入電の効果測定で “媒体効果” の 体・調・管・理!

アクアウェブの “フリーダイヤル + 電話効果測定” サービスは コ・チ・ラ!
http://www.fruity-web.net/lpo2/index.html?naru20121129
まずは、ご相談だけでも どうぞ!
----------------------------------------------------------------


次回の なるマガ!も どうぞ 宜しくお願いいたします!

それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる執行役 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:12/11/30