アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第65回:“いいね!” をしてみようっ!

なるマガ!
Vol.65 11/03/07

朝から鼻がムズムズ ・・・
折角の土曜日を花粉に不快にされてはたまりませんっ!

フフフ、大丈夫なのです。
準備万端、買ってきたばかりの第2世代花粉対策用の市販薬をグイっと1錠
・・・ 飲みました!

う~ん 効いてきました~

これで本日も快適に ・・・ アレっ? ・・・ 眠いです ・・・
もう ベッドに入りたくてたまりません ・・・

午前11時、あまりの眠さに床につきました。

・・・ 起きてびっくり17時 ・・・え~っ!
折角の土曜日も半日寝て過ごしてしまったのです ・・・

第2世代の花粉症対策はイイけれど、この強烈な眠気は困ったものでした。

わたくしの体調が良くなかったのか ・・・
他のサプリメントとの相性が良くなかったのか ・・・

え~い、もうパ~っと飲み行くか~!


facebook で同窓会 ・・・ あらビックリ!
@ゆるゆる係長 松井でございます!
本日も最後まで どうぞ宜しくお願いいたします!


ということで ・・・
やってまいりました 行・き・つ・け のカフェバー!
いやぁ~ 「行・き・つ・け」 とは、この響き 大人ですよね~

このカフェバー、横浜山下公園近くにあるベルギービールを扱う飲食店なのですね♪
ベルギービールが大好きなわたくしとしては 通わずにはいられないわけですっ!
cafe flower >> http://www.cafeflower.info/


1年程前、cafe flowerの店長にリスティング広告の出稿を提案してみました。
当初は “や・は・り” ためらっておりましたが、
しかし しばらくすると出稿しておりました。

たま~に 相談を受けながら管理画面を閲覧しておりましたが、
特に アドバイスすることもなくセンス良く管理運用されていたことを覚えております。

リスティング広告出稿後 2か月程して ・・・ 恐る恐る 店長に聞いてみました。

松井 「ど、どうです?」
店長 「どうって? 何が。」
松井 「いや、リスティング広告の効果ですよっ!」
店長 「あーっ、あれ スゴイわ!」

と、リスティグ広告と飲食店舗の相性は良いことが明確になりました。
もちろん 設定方法と運用方法に左右されますけどね~♪


ところで この店長 ・・・ センス&行動力が抜群なのです。
リスティング広告の集客効果に気を良くしてか 早速次なる施策を実施しておりました。

皆さんご存知の twitter (ツィッター) です。

店長 「当初twitterに対しては半信半疑だったけど しばらく続けてみたよ。」
松井 「それで どうでした?」
店長 「とにかく フォローしていくことで フォロワー数を増やしていくことができたよ。」
店長 「何より、最近は 効果もでていることを実感。」


twitterについては、外売りしているお弁当屋さんも
その効果を実感していると言っていました。

簡単に説明しますと ・・・

外売りするお弁当屋さんといえば、
「本日の売り場所がドコか? と 本日のメニューがナニか?」 ですよね。
そんな twitterの つぶやき をお客さんが “チェック” するそうです。
そして その twitterの つぶやき を周りの人達に “口コミ” してくれるそうです。
結果として、お弁当が売れるそうです。


さて、
twitter といえば facebook (フェイスブック)。

今や
新聞、雑誌、本屋の店頭 ・・・ 注目のSNSツールですねっ!

twitter と facebook の違い。
twitterは “ラジオ”、facebook “雑誌”、
そんな記事内容がありましたが “いいね!” です。

twitter は、不特定多数のツィートがあるため分単位で新しい情報が流れ、
そのスピード感はラジオである、と。

もちろん facebookもtwitterと同じくリアルタイムで投稿が更新されますが、
個人的な友人関係を承認することで繋がっていくfacebookでは
twitterに比べて投稿の更新はゆるやかだ、と。

また 様々な友人の投稿をひとつの画面で見られることから、
ブログ = 書籍 に対して、
facebook = 雑誌 と例えることも可能だということです。

つまり、雑誌のように 気が向いたときに かつ 時間があるときに
チェックする感じになるということです。


そんなfacebookですが ・・・

最近では新聞でも度々記事に取り上げられています。

チュニジアを皮切りにした中東各国に広がる大規模なデモの原動力は、
政治さえも揺るがす大きな影響力、いえ、その破壊力についての記事などがそうです。


今 世界のfacebookのユーザー数は6億人に上るそうです。

最も多くのユーザー数を誇るのはアメリカの 約1億5千万人。
2位はインドネシアの 約3千5百万人。
3位はイギリスの 約3千万人。

また、インドネシアとフィリピンの普及率は高く、
両国ではインターネット利用者の8割以上がfacebookへ登録しているそうです。
わたくし、フィリピンに約4年間過ごした経験から
フィリピン人の国民性を知っていることもあり何となく理由が分かります。
一言でいうならば、フィリピン人は とってもオープンですから。

因みに 日本は 約200万人の48位だそうです。
インターネットのインフラが整った先進国としては少ないですよね。

その理由として、facebookは、基本的に実名登録のSNSだからだと説明されています。

例えば フィリピン人と比べて保守的ともいえる日本人の場合、
実名登録することに対して躊躇するところがあるのかもしれません。

しかし、それも 時間の問題のような気がします。
要は “キッカケ” ですね。


facebookには Googleから優秀な人材が流れているそうです。

有名な人では、Google のリスティング広告である
アドワーズ事業を発展させたシェリル・サンドバーグ氏。
アドワーズとアドセンスのセールスチャンネルを開拓したといわれています。
Google入社前は、クリントン政権時代の財務長官の
首席補佐官を務めた経歴を持つ方なんですね~。

今、彼女は facebookのCOO (最高執行責任者) として
facebookのターゲティング広告事業を進めています。

先日、弊社の社長とともに facebookのターゲティング広告の設定を
テストしてみましたが、“いいね!” でした。

広告ターゲティング設定では、
地域 (都道府県は不可)、年齢、性別、嗜好、学歴、
また 恋愛対象と交際状況まで設定ができます (笑)

広告配信設定では、
配信期間、配信時間、また 広告表示回数課金か広告クリック課金かの選択ができます。
尚 クリック課金の場合は上限クリック単価の設定もできます (いいね!)

現状 facebookの収益源は、
このターゲティング広告のようなので今後さらに進化していくことでしょう♪

今年以降、facwbookのビジネス利用が活発になることは間違いないですね!


日本における facebookの利用はマダこれからのようですが
是非使ってみては如何でしょう?

と、偉そうに言っておりますが ・・・
わたくしも マダ始めたばかりで たどたどしいのですが、
これを機に本気で取り組んでいきたいと思いますっ!


“いいね!” を素敵な出会いの キッカケ に!


次回の なるマガ!も どうぞ 宜しくお願いいたします!

それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる係長 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:11/03/07