アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第61回:エクセルこそ ビジネスのキラーツールっ!

なるマガ!
Vol.61 11/01/11

明けましておめでとうございます!
本年初の なるマガ!となります!

昨年末、弊社代表の小山も申しておりましたが、
なるマガ!も ついに4年目に突入ですっ!

当初は ここまで続くとは思ってもみませんでしたが、
これも ご購読いただいている皆様に支えていただいたお陰です。
もちろん、周りのサポートもございまして続けてくることができました。
皆様、誠に有難うございます。

そして、本年も どうぞ宜しくお願い申し上げます!

と、ついに 2011年になりましたが ・・・

元旦早々、知り合いから おめでたい連絡がきました!
“ザ・結婚” だそうです~
もう、ビックリしてお餅が喉に詰まりそうでした~おめでたい。

ところで、
この知り合いですが、わたくしをエクセルの世界へ誘ってくれた昔の上司なのですね~
エクセル ・・・ いえ、そもそも パソコンとは?
という初歩から教えてくれた上司なのですね~
しかも、丁寧に かつ 忍耐強く ・・・

いやぁ~ よくもまぁ 出来の悪いわたくしに目をかけてくれたものだな~、
と たまに不思議にさえ思うことがあります。

しかし、この方と出会えたお陰で、今の自分があるといえます。

当時のキッカケが、今の自分を構成していることを実感した年初めでした。


IHコンロ ・・・ いまいち “使い方” が分からない ・・・
@ゆるゆる係長 松井でございます!
本日も最後まで どうぞ宜しくお願い致します!


最近、アクセスログの解析を行っておりまして、
サイトに訪問して、“戻るボタン” を使って離脱する人の割合って、
どのぐらいなのだろう? と疑問が過りました。

管理画面より csvデータ = エクセルデータ をダウンロードして
データを加工することによって把握することができました。
なるほど~ 30%かぁ~

他愛無い 掛け算と割り算の計算式ではあるのですが、
エクセルというツールのスゴさに 改めて感動いたしました。

アクセスログの解析に限らず 様々なソフトやツールにもいえることですが、
それらの管理画面だけではみえない “本質” を
エクセルではみつけられる抜群のツールです!

今、エクセルは大方のパソコンに入っていて、
その存在が当たり前になり 改めて意識しないツールになっていますが、
ビジネスを良い意味で 効率的 かつ 深く 進めていくうえでは
何よりも有意義なツールといえるでしょう。


ここ数年、お仕事をさせていただいている中で感じたことの一つは、
皆さん、もっと上手にエクセルを使えると良いな~、ということです。


わたくしがエクセルを覚えたのは、20代後半になってからであり、
今の若い方に比べれば とっても遅いですよね。
上述にありますように、たまたま、良い方の出会いがあり、
一所懸命にわたしに教えて下さったのがキッカケなのです。

当時は ・・・
「ハードディスクって ・・・ 机の引き出しの多さでね ・・・」
「メモリーって ・・・ 机の広さでね ・・・」
・・・ まず ・・・ パソコンの基本からです ・・・

しかし、そんなエクセルを覚えるキッカケがあって今の自分があるといえます。

なんだか良く分からないけれどエクセルの可能性とスゴさを
相当感じていたことを覚えています。
直観的に、エクセルがある程度出来れば
ビジネスの現場でやっていけると確信めいたものがありました。

今、その確信は、間違いではなかったといえます。


わたくしも 決してプロフェッショナルではありませんが、
ある程度 エクセルができれば 大方、効率的に かつ 濃い仕事をしていくことができます。
もっといえば、ビジネスそのものさえ組み立てることも可能だと考えています

誤解を恐れずにいうならば、
エクセルがある程度できることで そもそものビジネス思考と
ビジネススキルが身についているともいえます。


さて、
知っておきたいエクセルの機能を挙げてみますと、
・検索 + 置換
・フィルタリング
・lookup関数
・ピポッドテーブル

なぜ 上記4つを挙げたかといいますと ・・・
知っておくと 非常に有意義であり かつ 関わってきた多くの方々が
“使い方を” 知らない機能であるからです。


・検索 + 置換
常に頭の隅に意識しておくことで、作業にかかる時間を即解決してくれる瞬間があります。

・フィルタリング
一つのフィルタ設定だけではなく、
複数のフィルタ設定を組み合わせることで絞り込んだデータの把握が可能になります。
それは、新たな気づきをもたらします。

・lookup関数
必要となるデータを検索値に紐づけて抽出する関数で、
何かと ビジネスの現場で必要となる必須の関数といえます。
この関数を 知っているか・知らないか によって大幅な時間浪費と体力消耗(?)を防いでくれます。

・ピポッドテーブル
データの変遷比較が可能になります。
同時に “データベース” という言葉の意味と重要性を認識できるようになります。
何よりも 集計作業において、集計ミスの発生がなくなります!


ちらちらと 自社のアクセスログデータを閲覧しておりますと、
「lookupとは」、「lookup 使い方」、「リスティング広告 lookup」
といった検索キーワードによる訪問が伺えますね~


とはいえ ・・・ 大切なことは、
“機能を知っているではなく、その使い方を知っている” にあるといえます。
機能を知ることではなく、使い方を知ることで エクセルというツールは化けます。
そのためには、業務の中でボトルネックになっているようなポイントで
“何とか楽にできないかな?” と考えることです!
その積み重ねが経験となり、“使い方を知っている” になるのですね。


もちろんっ!
仕事で ほとんどエクセルを使用しない業種の方もおられるとは思いますが、
個人的には、「そもそもの ビジネスを把握する上では」 エクセルは必至だと思います。

特に、クライアント様などと ビジネスの話をするにあたっては、
数字による論理的な話が必要になりますし、数字の中に見出す気づきが必要になります。
それを可能にしてくれるツールがエクセルなのですね。


個人的に エクセルを使用して行う大枠の流れは以下のような感じです。

「データベース (= データの蓄積)」 の作成

「現状把握」 の実施

「施策」 へ繋げる

いいかえますと、

データベース = 経験 (ベース) の蓄積

現状把握 = 比較 の実施

施策 = 勇気 を持った行動

因みに 上記の流れの中で、
データベースでは、「検索 + 置換」、「lookup関数」、「ピポッドテーブル」 を使用しています。
現状把握では、「検索」、「フィルタリング」、「ピポッドテーブル」 を使用しています。


とりあえず、
上記の4つの機能を意識して使用するだけでも かなり効率的に業務をこなすことができます。
さらに 組み合わせて使用できると非常に楽に業務をこなせますよ~


年初めということで、
わたくしは、本年、改めて 当たり前の存在になっているエクセルを見直し、
さらなる向上を目指していきたいと思います!



次回の なるマガ!も どうぞ 宜しくお願いいたします!

それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる係長 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:11/01/11