アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第52回:中国の北京に行ってきました パート2♪ まずは “キッカケ”

なるマガ!
Vol.52 10/08/17

社長は、たま~に “中国語もどき” を叫び、
ひとり喜んでいるのですが ・・・ 中国でも やりました ・・・

中国人の方々が通りすがる度に、
めちゃくちゃな “中国語もどき” を叫ぶ社長 ・・・
行き交う中国人の方々の目は “点” です ・・・
そばにいる わたくしの恥ずかしさを 少しは汲み取ってほしいものですが ・・・
無理でした。

今回、お世話になった中国の方々にも
“中国語もどき” を楽しそ~に発しておりましたが、
案の定、
「え? なんですか?」
と 聞き返されておりました。

でも ・・・ めげません。
ホントに 大したものです。

中国語、発音が中々難しいものですね~。
簡単な挨拶の言葉を いくつか教えていただき発音してみるのですが、
何度も指摘され悲しくなりましたが、
その横で、社長が発する きちんとした中国語の発音に対して、
日本語が堪能な中国人の方が 「うん、上手い!」 って ・・・
それ どうなってるんですかっ!
もう、やり切れません ・・・

こんなところで、常日頃の “中国語もどき” が功を奏して、
まさか、正真正銘の中国語の発音に生かされるとは
夢にも思いませんでした。。。

世の中、何が “キッカケ” になるか分からないものです!


パンダには会えませんでした。 @ゆるゆる係長 松井でございます!
本日も最後まで どうぞ宜しくお願い致します!


そんなわけで、
前々回の 記事で宣言しましたように、再度、
8月12日~15日にかけて 中国へ行ってまいりました!
3泊4日の旅 ・・・ いえ、仕事です!

先月、「中国市場視察」ツアーに行った際 お世話になった
東洋ショップ株式会社の社長さんにお願いをしまして、
12日と13日の2日間、東洋ショップさんの中国にある会社内に入って
会社の雰囲気を堪能してまいりました。
また、お忙しい中 お時間を頂戴して、中国のWeb事情のお話を聞かせていただき、
そして、わたしたちアクアウェブの話しや日本のWeb事情の話しを
許される時間の範囲で聞いていただきました。

お伝えしたお話は、若干 ぶつ切りの話しになってしまい、
上手く伝えきれなかったところもあるのですが、
まずは、なんとなくでも 伝わってくれれば良いかなぁ なんて思っております。

あっ ・・・
中国へ行ってきたのは、わたくしだけではなく ・・・
当然、弊社の社長も一緒ですけどね ・・・
いえ、社長とご一緒できて この上なく幸せです♪


さて、
まず、今回 中国へ訪問した目的として、
「今すぐ 何かビジネスをはじめましょうっ!」 という話ではなく、
先月、中国の法人の皆さんと知り合えたことを キッカケとして、
少しずつでも コミュニケーションを通じて、
長期的な視野で 何かビジネスができれば面白い、という思いを お伝えしました。

特に、もし ビジネスにならなくても、それはそれで良いという思いでもあるのです。

そして、アクアウェブのサービスの大枠の考え方として
基本スタンスは、
現状把握
改善・施策
効果検証
にあり ・・・

それぞれに対する手段として、
現状把握 → アクセスログ解析
改善・施策 → LP、LPO ・ SEO、SEM
効果検証 → アクセスログ解析
を行っているということを 簡単ではありますが、お伝えしました。

アクアウェブのサービスである “フルーティーLPO” については、
LPOツールを 使用する意味と 使用方法と その結果について、事例を交えて お伝えしました。
フルーティーLPO  >> http://www.fruity-web.net/lpo


また、東洋ショップさんの中国にある法人では、中国のNo1ポータルサイトである
新浪のショッピングモール: 新浪 (シナ) モール >> http://www.sina.com
こちらの 日本館 (日本の商品・サービスを取扱うショッピングモール) の
管理運営も行われておられることから、
日本の楽天市場を日本のショッピングモールの例として取り上げ、
中国と日本のショッピングモールにおける 売り方の違い
といったものも情報交換させていただきました。

そう、今、“風鈴” が売れるそうです!
あと、“無添加” のものがうけているなんて聞きました。


因みに、
日本の検索エンジンにおける 検索市場規模 (検索回数) の変遷は、
毎年大きく成長しています。
そして、恐らく それは、中国にも当てはまると考えています。

中国でいえば、検索エンジンの検索シェアは
Baidu (バイドゥ) が大方を占めているようですが、
中国でも 検索市場規模は ますます大きくなっていくものと予想されることから、
クライアントの商品・サービスにマッチする 各検索キーワードの検索市場が
どの程度あるのかを把握して、それらに対する施策を ショッピングモールの運営にも
生かせるであろうということも共有いたしました。

こちらは、今後、個人的に 知りたい内容になりますね~


短い時間ではあったので、
突っ込んだお話はできませんでしたが、
何とな~く、わたしたちが どんなことを考えて
ビジネスをしているのかということを知っていただけたのではないか?
と 思っております。

少しずつ理解して、また 理解していただけるようにしていく必要がありますね♪

日本で 感覚や考え方の地域性による違いがあるように、
中国でも 同じように そういった違いがあるわけです。
例えば、北と南の人達の 大方の傾向を聞けたのは面白かったですね。
マダマダ表面的な部分しか分かりませんが、これも理解のひとつとして。。。

そして、今後 共感していただける部分があったときに
ビジネスに繋がればイイなぁ、と期待しつつ、帰国してきました。
そんな “キッカケ” となる4日間であったと信じております!

いつしか、アクアウェブ中国法人ができることを 楽しみにして下さい!


今後、中国と日本のWeb事情における情報交換などができましたら、
皆様にも お伝えしていければと考えております!


帰りの機内で、ボソっと 「来月 また行こうかなぁ~」 って、
社長 ・・・・ 仕事溜まってますケド ・・・



最後に ・・・
個人的に、ここでは書けない失態もおかし、大変ご迷惑もお掛けしましたが、
ご親切に ご対応いただいたことに、この場を借りまして 心より感謝いたします。。。



次回の なるマガ!も どうぞ 宜しくお願いいたします!

それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる係長 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:10/08/17