アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第49回:アメリカでは……Yahoo!リスティング広告はマイクロソフトadCenterへ移行!?

なるマガ!
Vol.49 10/07/05

「来年のことをいえば鬼が笑う。」
なんて いいますが ・・・
「予想のつかない 将来のことをいうことで、鬼に笑われてしまう」
ということですね。

いやぁ~、サッカーのワールドカップも いよいよ佳境に入ってきました!
ついに、ベスト4が決定しましたが、
これからの 準決勝と決勝戦は ますます面白くなりますからね~

個人的には、当初、オランダを応援していたのですが ・・・
ドイツの試合をテレビ観戦していると、その戦い方の素晴らしさに惹かれ、
今では虜になってしまいました!
特に、決勝トーナメントに入っての その強さは圧巻で、
強豪国の イングランドに、4対1
一昨日の試合では、こちらも 強豪国の アルゼンチンに、4対0
過去のワールドカップをみても 稀にみる一方的な結果を導き、
まさに 神がかった強さを見せつけており、
次戦の これまた強豪国 スペインとの試合が非常に楽しみです!

スペインといえば、
戦前の予想では、優勝国の筆頭だったのですが ・・・
蓋を開けてみると、中々苦戦しているようです。
逆に、ドイツといえば、
若手主体の構成で、前評判は高くないノーマークな存在でしたが ・・・
その若手が大爆発っ! しちゃってます。

素人目で見ても、今のドイツの その強さには 圧倒させられ、
崇高ささへ感じてしまう程なのですね~

ということで、
7月11日は、ドイツ 対 オランダ の決勝戦で、
ドイツの快勝による 優勝となるでしょうっ!

さて、
鬼さん、笑ってますか?


ドイツのメルケル首相が “チアリーダー” !?
@ゆるゆる係長 松井でございます!
本日も最後まで どうぞ宜しくお願い致します!


日本では まだ当分先の話しになるかとは思うのですが ・・・
アメリカでは、今年の年末にかけて準備されている動きがあるようなので
今回の なるマガ!で取り上げたいと思います。

それは、アメリカにおける マイクロソフトとYahoo!の事業提携の合意内容が
着々と具体的に進められているようです。

アメリカのYahoo!は 2010年6月2日の公式ブログで、
マイクロソフトとの検索事業提携に関する 最新の状況について説明が行われました。

マイクロソフトとYahoo!の両者の提携は 2010年2月に承認され、
提携合意に基づいて、2010年のホリデーシーズン前である 11月あたりに、
「アメリカとカナダのYahoo!検索アルゴリズムをBingに、
検索広告をadCenter (アドセンター) に移行すること」
を目指して準備を進めているようです。

ただ、2010年のホリデーシーズン前に Bing 及び adCenterへの
移行が間に合わないと判断した場合は、
2011年初頭にずらす可能性があるとのことです。
これは、ホリデーシーズンは広告主にとって重要な
年末商戦に混乱を招きたくないという思いがあるからだと考えます。

さて、
Yahoo!検索アルゴリズムをBingに移行するということは、
Yahoo!の検索エンジンをマイクロソフトが提供する
Bingに移行することを意味します。

そして、
検索広告をadCenterに移行するということは、
Yahoo!リスティング広告をマイクロソフトが提供する
広告配信プラットフォームであるadCenterに移行することを意味します。


う~ん ・・・
検索エンジンYahoo!からBingは分かるけど、
adCenter (アドセンター) って?

Yahoo!であれば Yahoo!リスティング広告の広告配信管理システムがあるように、
マイクロソフトが提供する広告配信管理システムがありまして、
それが adCenter なのですね。
ただ現状では、日本でadCenterのアカウントの取得利用はできないようです。

マイクロソフトでは、
adCenterがマイクロソフト社全体にわたる収益源として
広告事業を拡大する取り組みの要になると期待しているようです。

因みに ・・・ マイクロソフトの会長といえば ビル・ゲイツ氏ですが、
CEOはスティーブ・バルマーという方です。
以前、そのスティーブ・バルマー氏は社員に配布したメモのなかで、
Googleとの戦いでは 「adCenterのさらなる成長がカギを握る」
と述べていたそうです。
相当期待が高いことが伺えますね~


このadCenterは、
リスティング広告の広告配信管理システムですが、
その管理運用において非常に興味深い機能 (ツール) があります!

それは、“adCenter Add-in Beta for Excel 2007” といわれる
アドイン機能 (ツール) です。

“エクセル 2007” という名のとおり、
“adCenter Add-in Beta for Excel 2007” を
エクセル2007 にアドイン(組み込み)することで利用できるようです。

アドイン(組み込み)することで、エクセルにメニューバーが追加され、
そして、adCenterを管理運用するためのツールになるといった
機能 (ツール) のようですね~

恐らくですが、
エクセルに 登録内容やレポートをダウンロードして
解析、管理、そして 変更内容等をアップロードできるのではないか? 
と想像します!

仮に、ダウンロードしたレポートを解析して、
即変更を行え、そのままアップロードできるのであれば、
非常にスピーディーに効率良く 管理運用ができることが想像できますから、
個人的には とっても楽しみです♪


アドワーズ広告のアドワーズエディターも便利なのですが、
“adCenter Add-in Beta for Excel 2007” は
マイクロソフト社の持つオフィスを活かした魅力的な機能になりそうです!

そして、この流れは、間違いなく 日本にもやって ・・・
やってくるでしょう ・・・ きっと ・・・


しかし 同時に ・・・
アドワーズ広告やYahoo! リスティング広告の管理運用において、
その管理画面やアドワーズエディターなどのツールを扱うスキルの
難易度の高さを考えると、また 新たに adCenterと
“adCenter Add-in Beta for Excel 2007” という有意義ではあれども
高機能なツールであるがゆえ、広告主が しっかりと使いこなせるのかどうかは
微妙です。。。


また、“adCenter Add-in Beta for Excel 2007” は、
エクセルにアドイン (組み込み) して使用することから、
エクセルの扱いにおいても 高いレベルを求められる可能性があるわけです。


今でも 技術的に、
Yahoo!リスティング広告の出稿はできても、
アドワーズ広告の出稿はできていないという広告主は多いものです。


Yahoo!リスティング広告が移行されるであろうadCenterの場合、
恐らく、アドワーズ広告の管理運用をできるレベルのスキルが
必要になると考えられることから、
扱うスキルの難易度の高さが理由となって、
リスティング広告の出稿そのものができないという事態も考えられます。


ところで ・・・
マイクロソフトは 2006年5月にアクセスログ解析ツールを提供していた
DeepMetrixという未公開会社を買収しており、
既存のサービスを拡大し、adCenterの新バージョンに
新しい解析機能を組み込む計画を考えているようです。


恐らく (今でも) 上記の計画 (解析ツール) は、
Gatineau (ガティノー) という開発コードネームが付けられており、
2007年後半より登録者を募集してベータ版のテストを行っているものと思われます。


「Gatineau」 というコードネームですが、
DeepMetrixが以前あったカナダの都市名からとったもので、
最終的なサービス名は 確定していないようです。
ん? サービス名は 「Gatineau」 に決まったのかな? ・・・


この Gatineauは、
マイクロソフトが提供する広告配信プラットフォームである
adCenterと連携しますので、
そういったことから、Gatineauは、アドワーズ広告と連携する
Google Analyticsの位置づけとして捉えられますね。


今回の記事内容は、アメリカとカナダの話で、
日本では まだ先の話しではあるけれど ・・・
しかし、いずれ日本にも 同じことが訪れるであろうことから
取りあげてみました~


首を長~くして 待っておりますが ・・・
これまた 鬼さんに笑われちゃうかな?


次回の なるマガ!も どうぞ 宜しくお願いいたします!

それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる係長 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:10/07/05