アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第31回:ビジネスは 「あん × パン」 ですよっ!

なるマガ!
Vol.31 09/10/05

むか~し、わたしが 社長に同行して、その移動途中に聞いてみたことがあります。

松井 「社長、一番好きな食べ物って なんですか?」 (どうでもいい質問ですが・・・)
社長 「食パン!」
松井 「え・・・・・」
社長 「いや、ホントに 食パンが一番だね! だってさぁ・・・△■○●□・・・」 (うんちくが長い・・・)

と 食パン談義に付き合わされました・・・
いやぁ~、疲れるんですよね~ 社長の話・・・ いえ!楽しかったですね~♪
ということで、社長は 食パンがホントにお好きなようです。

昨日、わたしは ベイクォーターの 「ヴィクトワール」 というパン屋さんに行きました。
なぜかと申しますと~
お店の横を通り過ぎる度に、いつも 「行列」 ができる盛況ぶりをみせつけられていたからです!

この 「ヴィクトワール」 には、“とろける ブリオッシュ” という目玉商品がありまして、
店外で売り始めると いつも行列ができるんですね~。
というより、
“とろける ブリオッシュ” については店内ではなく、
1時間おきに店外で売り出す仕組みになっておりまして、
だから 1時間おきに行列ができるわけで、
ちょっとしたお店のパフォーマンスにもなっているのですね。

いつも興味津津で通り過ぎていたこともあって、
昨日は わたしも そのパフォーマンスに乗っかりまして、ハイ、並んで 買ってみました!

ノーマル と チョコ の2種類ありました。
店員さんに 「ノーマル3つくださいっ!」

ひじょーに 美味しいです!
ホワっとした口触り、そして ナチュラルな甘さでした。
クロワッサンの中身だけを取り出したイメージを想像していただけると良いかもしれません。

わたくしだって、パンは大好きなんです!


わたしのつくるパンは 如何ですか? @ゆるゆる係長 松井でございます!
本日も最後まで どうぞ宜しくお願い致します!


1、ロスチャイルド家 の 「五本の矢を握りしめる腕」

ユダヤ系の金融資本家として名高い ロスチャイルド家の話ですが、
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが初代当主と言われています。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドはドイツの古銭収集家であるヘッセン家、
ヴィルヘルム九世に取り入って商売を発展させました。
その後、古銭収集だけではなく 金融業をはじめ事業を拡大させていったのです。

家族には、5人の息子がいたと言われています。

長男アムシェルがドイツの家を継ぎ、
次男ソロモンはオーストリア、
三男ネイサンはイギリス、
四男カールはイタリア、
五男ジェームズがフランスをそれぞれ創設したそうです。

ロスチャイルド家の家紋である赤い盾は、
鷲とライオン、ユニコーン、ダビデの星の他に5人の息子を示す
「五本の矢を握りしめる腕」 が象られています。

「五本の矢を握りしめる腕」 は、1本ではスグに折れてしまいますが、
2本、3本 ・・・ 5本と束ねることで折れないという、「結束」 の象徴だといえましょう。

そういった意味では、「5本の矢を握りしめる腕」は “足し算” の発想といえるでしょう。


2、木村屋の 「あんパン」

皆さんご存知の “あんパン” は、
明治時代に日本人の口に合うのではないかと木村屋が発明したものなのですが、
当時の人にとっては非常に革新的な食べ物であったに違いありません。

それは、和の 「あんこ」 と洋の 「パン」 を掛け合わせたことによって生まれた
今までにない 「新たな価値」 の創造であったからです。

掛け合わせ、つまり、コラボレートによって 「新たな価値」 が生まれるのですが、
これは、ビジネスにおけるサービスでも大切かつ必要な発想だと思います。

そうすることで、今まではできなかった 思いもよらぬ 「新たな価値」 が生まれるからです!

因みに、あんパンは、1874年に銀座店で売り出したのがはじめで、その後 好評を博したそうですよ。


3、「あん × パン」 ビジネス創出の価値!

わたしが 「あん × パン」 の発想を特に意識しはじめたのは 2年ほど前からでした。

「あん × パン」 の発想を核にして ビジネスを考えるようにして、サービスを考え実践していたのですが、
ここしばらく 悪い意味で 「あん × パン」 に慣れてしまい、“当たり前” になっておりました。
「あん × パン」 の次の新しいモデルはないかなぁ~、と頭の中で考えるようになりまして・・・

いやぁ~、 これは イケない!! ということで、
最近、改めて 「あん × パン」 の価値を再認識しており、
「あん×パン」 ビジネスを もっと形にしていく必要があると感じております!


「あん×パン」 とは “掛け算”の発想なのですが、
まったく別の “価値” とみえる商品、サービス、もの、であっても、考え方や捉え方や、
そして 掛け合わせることによって “新たな価値” を生み出す効果があります。

実は、弊社のサービスである フルーティー も 「あん × パン」 の発想でつくられたものです!
フルーティーサービスは >>> http://www.fruity-web.net?naru31

サービスの核 (コンセプト) を “検索キーワード” = “人の気持ち” として、
フルーティーを構成する各サービス案が “検索キーワード” と どのように互換して位置づけられるのか、
それを明確にして、サービス化していくと “キーワードマーケティング” ツール及びサービスの創出となって、
フルーティーの各サービスが生まれたのです。

フルーティーには、
LPO、フォーム、今すぐフォーム、SEM (広告)、オプションとして AdSiP (電話の効果測定) がありますが、
そもそもは 個別に目的をもったサービスであり、単体としてサービス提供することも可能ではあります。

ただ、LPO、フォーム、今すぐフォーム、SEM (広告)、AdSiP (電話の効果測定)を掛け合わせることで、
相乗効果が生まれ、1つのサービスだけでは成しえない新たな効果を生み出すことが可能であるところに“価値” が生まれます。

例えば、SEM (広告) にしても、
サービス自体をSEM (広告) だけではなく、
サービスを 「SEM (広告) × ログ解析データ の活用」 として提供することで、
SEM (広告) そのものの効果が高まり、SEM (広告) そもそものサービスに付加価値をもたらすことに繋がります。
つまり、「SEM × ログ解析データの活用」 とすることによる相乗効果ですね!

そうです、“新たな価値” と同時に “相乗効果” の創出のための 「あん × パン」 でもあるのですね!


因みに、営業的な視点でいえば、
1つのサービスより 関連する複数のサービスがあると、
お客様と話す上で 入口が増えるため、お客様との接点が増える可能性があるメリットもあります。

いままで ひとつのサービスを切り口に営業、提案していたものに、別のサービスを組み込むと、
新たな入口ができることで、必然的にお客様に持ちかける営業、提案の入り口も増えるわけで、
お客様との接点も増えるわけですね。
そんなところにも、サービスを 「あん×パン」 にすることのメリットが生まれるわけです!


そして、上記の話は、
Webビジネスに限らず、もちろん リアルのビジネスでも当てはまります。

個々の ブランド、商品、サービスでありつつも、
“コンセプト” が一致したため、個々のブランドがコラボレートして新たなブランド、サービスを生み出すニュースも
ときどき耳にしますが、まさに 上記の 「あん ×パン」 の発想をもとにしたものといえます。


最後に、ビジネスを、サービスを、 「あん × パン」 にする際の大切なポイントですが、
ビジネスの核 (コンセプト)、サービスの核 (コンセプト) を明確にする! ということです!

この “核” を頭の片隅に置いておけば、フとしたときに、
個々の、別々の、商品やサービスが掛け合わさって 「あん × パン」 が生まれると思います!



次回の なるマガ! は、
「アクアウェブのGoogle Analyticsタグ設置代行サービス」
の予定でございます!


それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる係長 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:09/10/05