アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第25回:「フレームワーク」 って なーに?

なるマガ!
Vol.25 09/07/06

わたくしは、外出して、本屋さんを見つけては「フラフラ~っ」と何気に店内に入ります。
特に用事はないのですけどね~ ・・・

本屋さんに入って真っ先に目にするのが、店頭に平積みされた新刊やお勧めの本です。

最近目にする本の傾向をキーワードとして出してみると、
「脳」
「マインドマップ」
「資産投資」

それから・・・「勝間本」です。

ん? 勝間本・・・って?
勝間 + (の)本 です。

ご存知の方も多いかと思われますが 簡単にご紹介しますと、
「勝間」とは 勝間和代さんという女性の方です。

勝間和代さんは、株式会社 監査と分析の代表取締役で、
ここ数年、著作活動が活発でとても波に乗っておられる方ですね~。

勝間さんは、早稲田大学大学院ファイナンス研究科でMBAを取得されており、
証券会社、コンサルタント会社に勤められた後、経済評論家として独立されております。
その勝間さんが著作される本の内容は、主にビジネス書であり、そして「勝間本」といわれているのです。

先日の6月17日には、日経MJにより、「2009年上期ヒット商品番付」が発表され、
東の前頭に「勝間本」がノミネートされました。


本は字を 大きく 薄く お願い♪ @ゆるゆる係長 松井でございます!
本日も最後まで、どうぞ宜しくお願い致します!


勝間さんは、ビジネスを進める上での大切な要素として、
マインドマップ、フォトリーディング、そして「フレームワーク」を挙げられております。

ということで、本日の なるマガ!は「フレームワーク」についてお話させていただきます!


1、「フレームワーク」 って何だろう?

勝間本の「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」の中で、
フレームワークを非常に分かりやすく説明した例がありますので、それをご紹介します。

フレームワーク:「空・雨・傘」

何かといいますと、

・空
空という 情報、知識を得て、理解を深めること。

↓ つまり、

空を見上げて、
「今日はイイ天気だ。」とか、
「何だか雲行きが怪しいぞ?」とか、
「雨が降りそうだな・・・」と認識すること。

↓ ひとことで 言い表すと、

「現状把握」と言えますね!

・雨
空から得た知識とその理解から、
「雨」の情報、すなわち 自分なりの当て込み、分析を行うこと。

↓ つまり、

空からの情報を得て、僕は、私は、「恐らく 雨が降るだろう。」と予想すること。

↓ ひとことで 言い表すと、

「仮説」ですね!

・傘
たてた仮説を自分の考えや行動にいかせるかどうか。

↓ つまり、

「恐らく雨が降るだろう。」 と仮説をたてて、
僕は、私は、「傘を持つ!」と実行に移すこと。

↓ ひとことで言い表すと、

「施策」ですね!

そして次のような質問があります。
「日本には何匹の犬がいるでしょう?」

↓ 答えに至るプロセスは、

愛玩用:
「日本の世帯数 4,700万世帯」という情報を基にした場合、
例えば、
7世帯あたり1世帯が犬を飼っていると仮定します。
そして、
1世帯あたり 1.3匹飼っていると仮定すると、
4,700万÷7×1.3=8,728,571

非愛玩用:
動物園、盲導犬、警察犬 → 5,000前後と仮定すると、

合計:大体 870万匹

因みに・・・
正解は、1,300万匹(2006年)
また、猫は、800万匹

↓ この質問を先のフレームワーク 「空・雨・傘」 に当てはめてみると、

空は、
「日本の世帯数 4,700万世帯」という「知識」→ 「現状把握」
雨は、
「7世帯あたり1世帯が犬を飼っている」、
「1世帯あたり 1.3匹飼っている」、のではないかという「分析」→ 「仮説」
傘は、
「日本の世帯数 4,700万世帯」と
「7世帯あたり1世帯が犬を飼っている」と
「1世帯あたり 1.3匹飼っている」という情報の組み合わせによる「行動」→「施策」

に当てはめることが できます。

つまり、
「空・雨・傘」のフレームワークによって、
問題解決を図ることができるということですね!

そして、
大切なことは、
答えを導く「プロセス」です!
それが「フレームワーク」なのです!


その他、一般的によく知られた フレームワークでは、
・戦略の3C(自社 company、競合 competitor、消費者 customer)
・PDCAサイクル(計画 plan、実行 do、検証 check、是正 action)
・SWOTマトリクス(強み strength、弱み worth、機会 opportunity、脅威 threat)
といった「フレームワーク」があります。

そんな中のひとつのフレームワークが勝間さんのいう
とても分かりやすい フレームワーク 「空・雨・傘」 なのですね。


弊社アクアウェブの話になりますが、
アクアウェブの提唱するWebコンサルティング「なるほどステップサポート」も

現状把握

改善・施策

効果検証

をローテーションすることで、
クライアント様のビジネスの向上を目指す
ひとつのフレームワークといえます。


2、何のための 「フレームワーク」 なのか?

勝間さんの「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」の中では、
何かの概念や考え方を自分なりに束ねて整理して、「考えやすく」、「覚えやすく」するもの。

そして、自分の「フレームワーク」とは、
自身の経験や学びの中から見つけ出して、整理して、新しいフレームワークをつくること。

また、
ビジネス思考力 も フレームワークです! とあります。

さらには、
ビジネス思考力とは、ビジネスを遂行する上で、日常的に役立つ、
他の人より一歩先を行くために必要な基礎的なものの考え方です。


読んでいて 面白かったのが、以下の発想です。

因みに、
短時間で適切な情報を集められる人が20%、
そのうち推論をしっかりと働かせる人が20%、
そこから行動に繋げる人が20%とすると、
ビジネス上で短期間のうちに情報を集め、新しい解決策を考えて実行する人は、

20%×20%×20%=0.8%
なんと、
0.8% しかいないことになります!

行動を起こす人材になれば、市場での希少価値がでることになりますね。

ビジネス思考力を鍛えるもっとも重要な点は、
実践による仮説策定→実行→検証のプロセスを繰り返すことです。
その繰り返しと経験が「フレームワーク」となっていきます。

「やり方は分かる」ではなく、「武器として使いこなせる」 が大事なのです!

論理的で、とっても 説得力がありますね~。

わたくしも、「フレームワーク」 を自身の、会社の血肉にすることで、
自身の、会社の 強みや価値を見出すことができると考えます。

↓ つまり、

会社の 差別化や売上向上に結び付くと考えます。

とはいえ、まったく新しいフレームワークの創出は非常に大変ですよね~。
でも、既に沢山のフレームワークが生まれており、そして それらを知ることができますから、
そういった様々なフレームワークを取り入れて、新たな独自の色を加えて
会社にあったフレームワークを創ればよいのではないかと思います!

↓ いずれにせよ、

大切なことは、
「フレームワーク」を知ることではなく、
「フレームワーク」を実践することにあります!

フレームワークの創出は、楽しくゲーム感覚で行うとよいのではないでしょうか!


今回の なるマガ!の引用は、
「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」 / 著者:勝間和代
です。


さて、次回の なるマガ! は、
アクアウェブの “ひとつのサービス” につきまして ご紹介させていただきます。
“ひとつのサービス” とは、今年の4月中旬よりはじめました “レクチャー(スクール) サービス“ についてです!
こちらは、現場の声を交えながら お伝えできればと考えております。


それでは、
いつも 最後までお読みいただき、誠に有難うございます!


@ゆるゆる係長 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:09/7/06