アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第6回:ホームページへ集客するには?「SEMの価値!そしてSEOとSEMの考え方」(その2)

なるマガ!
Vol.6 08/08/18

先日、社長のカバン持ちという大役をゲットして交流会にご一緒させていただきました!
何が入っているか知りませんが、重いカバンだったので迷惑でしたが・・・
あっ、いえ重いもの大好きです・・・

その会では「腕時計の小売業界の今!」みたいなお話しが聞けました。
ところで皆さん、スイス製の腕時計がなぜ価格が高いかご存知ですか?

いろいろと要素はあるのでしょうが、そのひとつとしてはスイスの物価が高いこと、
そして、それに伴って人件費が高いこと、
それらがスイスでつくられる腕時計の価格に反映されるからだそうです。
昔、スイスの腕時計に詰め込まれた技術は、唯一無二だったそうですが、
今ではもう、その他地域でつくられるものと大きな技術の差はないそうです。
そんなお話しを聞いたわたしは、「国産でイイや~。ハッハ~」と思いましたが
(そもそもスイス製など買えませんが・・・)、しかし「メイド イン“スイス”」
に拘る方にとっては、スイス製であることにひとつの価値観を見出しているからですよね。

だから高級腕時計が売れるわけで、それはひとつのステータスなわけで、
わたしの遥か上空の世界の話しなわけで・・・そんな思いを巡らせながら
お話しを聞いておりました。

こんにちは。
腹時計は、いつも元気!@新人社員 松井です!
本日もどうぞ宜しくお願いいたします。


前回のテーマ「集客」を引き続きテーマとしまして、その集客ツールのひとつである
SEM広告の「価値」についてお伝えしていきたいと思います。


前回、SEM広告の特徴は4つあるんですよっ!とお伝えしました。
その特徴につきまして、ご説明してまいります。

まず、4つの特徴とは以下のようなものでした。

1、SEOの補完ツール
2、成果獲得確度の高い集客ツール
3、販売促進ツール
4、マーケティングツール

早速、これらを順番に ご説明してまいります。


1、SEOの補完ツール

ホームページをもっていらっしゃる皆さんは、
自社の商品・サービスに関連したキーワードで
何らかしらのSEO対策を行われていると思います。

ところで!SEO対策されているキーワードの「数」っていくつでしょうか?

そもそもSEO対策できるキーワードの「数」には限りがありますよね。
というより、1ページにつきSEO対策できるキーワード数は
2つ、3つといったところではないでしょうか。

では、自社の商品・サービスに関連したキーワード、フレーズを抽出した場合、
2つ、もしくは3つで収まるでしょうか?

あっ、皆さんの声が聞こえてきました~。
「それは無理でしょっ!」

ですよね~。
わたしが「リンゴ」をインターネットで販売するホームページを持っているなら、
沢山のキーワード、フレーズが抽出できるでしょう。
例えば・・・
「リンゴ インターネット販売」
「リンゴ 通販」
「リンゴ 配送」などなど。
また「リンゴ」というカタカナを ひらがなに変換したものもありますよね。

実は、自社の商品・サービスに関連したキーワード、フレーズを抽出すると、
1,000、2,000だって簡単に出てくるものなのです!

そういったSEOで網羅できないキーワード、フレーズが検索エンジンで検索された際、
きちんと自社のホームページへの導線をアピールできるのがSEM広告なのです!
SEOで、キーワード「リンゴ インターネット販売」のyahoo!の検索結果順位が
1ページ目になくても、SEM広告では1ページ目の上位に掲載表示することだって可能なのです!

つまり、
自社の商品・サービスに関連したキーワードが検索された際に、
検索結果にしっかりと自社のホームページへの導線を用意することで、
集客の機会損失をできる限り抑えることができるのです!

これが SEOの補完ツールといえる SEM広告のひとつの特性といえます。


2、成果獲得確度の高い集客ツール

SEM広告を管理運用していくためには、自社専用の管理画面を取得して
その管理画面内でキーワードを登録していくことができます。

管理画面では、不必要なキーワードは登録せずに、
自社の商品・サービスに関連した必要なキーワードだけを登録することができますから、
検索エンジンで自社の商品・サービスに関連したキーワードが検索されたときにだけ
自社のホームページのアピールをすることができます。

自社の商品、サービスに関連したキーワードで
自社のホームページへ集客できるということは、
お客様の求めている情報と、自社の提供している情報がマッチすることであり、
絶妙な需要と供給のバランスが達成されることを意味します。

リアルの世界では、
毎朝出社する際、街頭でよくティッシュやフリーペーパーなどを配っている光景を目にします。
夕方になると、繁華街では大きな声を張り上げて居酒屋の客寄せをしている光景を目にします。
いずれも、お客様の「気持ち」を知りえないがために、通りゆくすべての人たちが
集客対象となってコストの損失も多くなることでしょう。

インターネットの世界では、
SEM広告は、自社に必要で登録したキーワードをお客様が検索した際に表示され、
それをクリックしたお客様の集客となるため、つまり、
お客様が自ら能動的にホームページに訪問してくれることから、
それは、つまり自社の求める目的に繋がりやすいことを意味します。

結果として、自社の目的とする成果に至る確率が高いといえ、
それは、ただの集客ツールではなく、成果獲得確度の高い集客
ということができるのではないでしょうか。


3、販売促進ツール

『自社の目的とする成果に至る確率が高いといえ、
それは、ただの集客ツールではなく、成果獲得確度の高い集客』ということは、
誤解をおそれずに言うなら、「販売促進」ツールということもできるのではないでしょうか。

ただし、SEM広告のキーワードの管理運用は日々しっかりと行っていく必要があります。
それを怠ると、費用対効果が低くなってしまい、
「販売促進」ツールではなくなってしまいます。


4、マーケティングツール

SEM広告の管理画面では、自社で登録したキーワードの
様々な数値を把握することができます。

管理画面では、いくつかのレポートを抽出することができるのですが、
それらレポートごとに、自社の商品・サービスに関連する
各キーワード、フレーズの 1か月あたりの様々な指標が数値化されるのです。

指標とは?!代表的なものに、
インプレッション数、クリック数、クリック率、コンバージョン数、コンバージョン率
といったものがございます。

指標である、コンバージョン数、コンバージョン率は、
それぞれ、成果数、成果達成率と捉えられるのですが、
その他の指標それぞれは、以下のように捉えられます。
いえっ!捉えるべきです!

インプレッション数 = 市場規模
クリック数 = 見込顧客数
クリック率 = 市場占有率

インプレッション数、クリック数、クリック率といわれて、
今一 ピン!とこないこともあるかと思います。
しかし、市場規模、見込顧客数、市場占有率と捉えることで、
その重要性に「ハッ!」とするのではないでしょうか。

ビジネスを繁栄させる上で、市場規模、見込顧客数、市場占有率というキーワードは
非常に大切ですからね!

こういった自社の商品・サービスに関連する各キーワード、フレーズの
市場規模、見込顧客数、市場占有率、さらには 成果数、成果達成率を
把握することができることは、「宝」といえるのではないでしょうか!?


如何でしたか?
SEM広告の特徴が 何とな~くでも伝わりましたでしょうか?

さて、わたしは 以前、広告代理店に勤めておりました・・・
そんなことから・・・
次回は、広告代理店におけるSEM広告のビジネスモデルについて、
裏話をちょこっとさせていただきます!

次回、
タイトル:SEM広告代理店の「ちょこっとだけ 裏話」
の配信予定となっております!

それでは、今回も最後まで購読いただきまして誠に有難うございました!


@新人社員 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:08/8/18