アクアウェブのメルマガなるマガ!

  • なるマガ!

なるマガ!

「なるほど!」と役立つ情報満載のメールマガジンを月1回発行しております。
登録は無料です。お気軽にご登録ください。

>>配信登録はこちら  >>>配信解除はこちら

第3回:「検索キーワード」は “人の気持ち” そして“ 会社の財産”! (その1)

なるマガ!
Vol.3 08/07/07

昨日、仕事も終わって なんとも重たい鞄を抱えながら渋谷駅へと向かって歩いておりました。
本格的な夏も目前に迫って いやはや暑くなってきたこともあって、僕の心の中では
“素敵なキーワードたちとのたわむれ”と銘打った物語が繰り広げられました。

松井の心 キーワード その1:
『暑い~』
(状況:ちょっとばかりの上り坂。。。)

松井の心 キーワード その2:
『喉渇いたぁ~』
(状況:トラックのマフラーから黒煙が・・・)

松井の心 キーワード その3:
『ビール♪ ビール♪ ビールっ!』
(状況:駅前のビルに輝く看板のネオンを見て ハイテンションっ♪)

松井の心 キーワード その4:
『渋谷 居酒屋!』
(状況:渋谷駅東口にて 挙動不審!警察から睨まれる!)

その後は お察しのとおり、さっさと「安」居酒屋へと消えていきました。
いやぁ~、あらゆる生活の場面と何かしらの「キーワード」って紐づいているものですね~。
「一日1本 ビールっ!」 新人社員 松井でございます!


前回の記事では ビールについて・・・いえ、現状把握のお話しをいたしました。
そして 現状把握するためには アクセスログ解析ツールを使用することで、
自社のホームページへ お客様が、
「いつ?」「どこから?」訪問してきて、
「どのページを?」「どれだけ?」見ているのか。
さらには 目標とする (例えば、お問合せ数、資料請求数、予約数など)
「成果数」「成果獲得率」
などの現状を把握することができることをお伝えしましたね!

今回、そんなログ解析ツールで得られる「どこから?」にスポットを当てまして
お話しを進めさせていただきます。

自社のホームページへお客様が「どこから?」訪問してきたかを調べる際、
ログ解析ツールの google アナリティクス では、
メニューの中のトラフィック >> “全ての参照元” で確認できます。
そうすると、ブログ、コミュニティーサイト、バナーリンク、メールリンク、
yahoo!のカテゴリー登録などを介して お客様が訪問していることが分かります。
そんな中、より多くのお客様が yahoo!、googleといった検索エンジンを経由して
訪問しているんですよね~。その割合がスゴイっ!

皆さんは、自社のホームページに毎月訪問してくるお客様の数、
つまり、集客数の中で、検索エンジンyahoo!、googleが占める割合をご存知ですか?

その割合の傾向は、業界によって まちまちではあるのですが、
僕の管理するクライアント様では、ホームページ全体の集客数の
なんと約90%を yahoo!とgoogleが占めた月もありましたっ!
因みに、僕は以前 いろいろな宿泊施設様のホームページを管理する会社に勤めていたのですが、
宿泊施設のホームページでは、約 60%前後をyahoo!とgoogleが占める傾向にあります。

もちろん、全ての業界のホームページで 検索エンジン経由の集客が
全体のほとんどを占めるというわけではございません。
アクセスログ解析による 現状把握を行った際、
検索エンジンの占める割合が 20%前後ということもあるでしょう。
ただ、経験上、例えば 検索エンジンの占める割合が20%前後のホームページのケースでは、
大概 検索エンジンの集客施策がされていないため、検索エンジン経由の集客が増えず、
結果として 「検索エンジン経由の集客がホームページ全体に占める割合が 20%だった。」
というパターンのようです。
ですので、何らかしらの検索エンジン施策をすれば、
検索エンジンの占める割合は高くなっていくものです。

じゃぁ、検索エンジン経由で どれだけの集客が見込めるのか!といいますと、
検索エンジンにおける市場の大きさである市場規模に応じて、
検索エンジン経由で集客を取り込むことが可能だということです。
因みに、ここでいう市場規模とは、検索エンジンで検索される市場(数)の大きさをいいます!

ということで、
お客様が 「どこから?」訪問してきたのか、
その中で 検索エンジン(特に yahoo!とgoogle)に注力することの大切さが見えてきました!

ん!?
検索エンジンが大切だということは、つまり「検索キーワード」が大切だということですね!

上記の話しでいえば、
お客様の 約90%が、何らかしらのキーワードを検索して
ホームページへ訪問してきたことを意味するのか~。
因みに、google アナリティクスでお客様が訪問してきた際の
「検索キーワード」の内容、数値を確認する際は、
メニューの中のトラフィック >> “キーワード”で確認できます。


さて、
検索エンジンでキーワード検索を行い 自社のホームページへ訪問するという、
このお客様の行為。「検索キーワード」 の意味とは何でしょう!?

検索キーワードとは、『お客様の気持ち』 と捉えられるのではないでしょうか。
お客様が 何かを求め、能動的な行為の結果が検索キーワードとしてあらわれているということです!
つまり、お客様の検索するキーワードと自社の提供する商品・サービスから抽出したキーワードが一致すれば、
自社のホームページで成果に至る確率がより高いといえますねっ!
こりゃ~、エライことじゃ~。

さらにいえば、自社の商品・サービスから抽出したキーワードに関連するキーワードで、
どれだけ自社のホームページへお客様を訪問させることができるか、
つまり、見込顧客の促進が とっても大切になってくることが分かります。
見込顧客が増加すれば、比例して 成果獲得数も増加すると考えられるからです。

じゃぁ~、
どういった検索キーワードで 集客ができているのか、そして できていないのか。
どいいった検索キーワードで 成果に至っているのか、そして 至っていないのか。
ついでに それら検索キーワードの市場規模も知ることができれば、
今後の注力すべき対策も見えてきますよね~♪

まずは 自社の商品・サービスの個性や特性に合致した「キーワード」が何かを
抽出してみませんか?


さ~てっ、
今日も仕事が終わったから「ビールっ!」だな。
しっかし、昨日行った 居酒屋はホント美味しかった~。

「カタ カタ カタ カタ・・・」
っと、今日の検索キーワードは、
「渋谷 居酒屋 ちょっとリッチ」で、どうだっ!

おっとイケない。。。
次回ですが、
今回の記事でタイトル内容の全てをお伝えするには とても長くなってしまうことから、
次回も引き続いてお話しさせていただきます!
「検索キーワード」が何故 会社の財産なのか? ですね。

ということで
タイトル:「検索キーワード」 は “人の気持ち” そして“ 会社の財産”! (その2)」
の配信予定となっております!

本日も 最後までご購読有難うございます!

@新人社員 松井

////////////////////////////////////////////

株式会社アクアウェブ
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 2F
TEL.03-5428-3082 FAX.03-5428-3083
http://www.aqua-web.jp/

お問い合わせはこちらへお願いいたします。
magazine@aqua-web.jp

メールマガジンの配信解除は以下のURLから行えます。
http://www.aqua-web.jp/magazine/index.html

////////////////////////////////////////////

発行:08/7/7